次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

学校法人大阪成蹊学園は、「次世代育成支援対策推進法」の主旨を尊重し、働く教職員の誰もが仕事と子育てを両立させることを推進するとともに、職場全体のより働きやすい環境を整えるべく、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間

2. 目標と対策

(1)子育てを行なう労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備に関する事項

ア. 育児休暇制度利用促進のための処置の実施

  • ①妊娠、出産、育児、に関わる各種制度について教職員の理解を深めるよう、教職員の情報サイト等に内容を掲載し、周知をはかる。
  • ②育児休業制度該当者への代替要員の速やかな補充対応をこれまで以上に図る。

(2)所定外労働時間削減のための周知

ア.労働の実態に合わせた労働時間の適正管理を徹底

イ.時間外労働の指示命令を徹底

ウ.適正な人員配置や業務分担の見直し

(3)年次有給休暇取得促進のための措置の実施

教職員の年次有給休暇の取得日数が増えるように、特に下記時季における取得を強く勧奨する。

子供の休み期間(春・夏休み等)、ゴールデンウィーク、年末年始、家族の特別な日(誕生日、記念日等)